Menu

手荷物に関するご案内


受託手荷物

受託手荷物の重量と大きさの制限

 

■■■タイ国際航空便ご利用 ■■■

タイ・東南アジア・オセアニア・ヨーロッパ線等 ご利用の場合


タイ国際航空便では米国・カナダ線を除き重量制 (WEIGHT CONCEPT)を採用しています。
受託手荷物の総重量が下記の表のとおり無料受託手荷物許容量を超える場合は超過手荷物料金が必要となります。

 

【クラスごとの無料受託手荷物許容量】

 

ご利用クラス


 ① 1個あたり最大重量は32KGまで

 ② 個数制限なし

大人

子供

ROP

シルバー

メンバー

ROP/STAR

ゴールド

メンバー

ROP

プラチナ

メンバー


ファースト

クラス


50KG


60KG


70KG


80KG


ビジネス

クラス


40KG


50KG


60KG


70KG


プレミアム

エコノミークラス


40KG*1


50KG


60KG


70KG


エコノミークラス


30KG*2


40KG


50KG


60KG


席を確保されていない

2歳未満のお子様


10KG

*1 タイ国内線は30KGとなります。
*2 エコノミークラスのご利用は無料受託手荷物許容量が30KGまでとなりますので、32KGの

    受託手荷物をお預けいただく場合は超過料金が必要です。
(注意)

 ・ 何らかの理由によりお座席のダウングレードが生じた場合、その差額が払い戻されるか

   否かにかかわらず、受託手荷物は原券のクラスに準じます。

    例)ファーストクラスの航空券エコノミークラスにご搭乗いただいた場合は、

      ファーストクラスの無料受託手荷物許容量が適用されます。
 ・ 複合クラス(ファーストクラスとビジネスクラス、プレミアムエコノミークラスと

    エコノミークラス等)でのご利用の場合、ご搭乗クラスごとの無料受託手荷物許容量が適用されます。
 ・ 折りたたみ式ベビーカーは、お子様お一人につき1台まで無料でお預かりいたします。

【事前予約が必要な場合】
1.1辺の長さが158CM以上の受託手荷物があるとき
2.1個あたりの重量が32KG以上の受託手荷物があるとき

(注意)

  ・ オーストラリア等、1個あたりの重量が32KG超えた場合は、

    一切お受け出来ない国もございます。  
  ・ 1個当たりの重量が50KG上の場合は、貨物での輸送となる事があります。
3.受託手荷物の総重量が100KG以上あるとき
4.受託手荷物の個数が5個以上あるとき


【事前にお問い合わせください】
1.1辺の長さが200CM 以上の大きなお手荷物、1辺の長さが158CM以内でも特殊な形状の

    お手荷物は、お預かりできない場合があります。
2.受託手荷物の重量・サイズの制限は、機種やご利用の空港により、若干異なり、

    関係各空港の許可が必要となる場合があります。

 


<米国・カナダ線をご利用の場合>

 

米国・カナダ発着便(タイ国際航空共同運航便も含む)は、下記の表のとおり

個数制(PIECE CONCEPT)を採用しています。

 

【クラスごとの無料受託手荷物許容量】

 

 

 

ご利用クラス


大人・子供

 

1個あたりの

最大重量

 

最大個数

 

3辺(縦+横+高さ)の

合計


ファースト

クラス


32KG


2


158CM以内


ビジネス

クラス


32KG


2


158CM以内


エコノミー

ラス


23KG


2


158CM以内


席を確保されていない

2歳未満のお子様


23KG


1


115CM以内

*ROPプラチナムメンバー、ROPゴールドメンバーは、特典として最大受託手荷物個数を

1つ追加してお預けいただけます。

 


■■■他航空会社のお乗り継ぎ便をご利用■■■


タイ国際航空便から他航空会社へのお乗り継ぎ便が含まれるご旅行の場合、他航空会社の受託手荷物のルールが適用されることがございます。
米国・カナダ発着便の様に、受託手荷物の大きさ(3辺:縦+横+高さの合計)や1個あたり最大重量などの規定が弊社とは異なることがございますので利用航空会社へ事前に必ずお問い合わせ下さい。


【高価品/貴重品/こわれやすい物について】
以下の高価品、貴重品、こわれやすい物/腐りやすい物は受託手荷物(チェックド・バゲージ)としてお預かりすることはできません。
またこれらの品物に関して、万一破損、紛失、遅延などが生じましても弊社は免責となりますことを、
予めご了承ください。
1.現金、有価証券、宝石、貴金属、美術骨董品などの高価品
2.身分証明書、重要書類(USB、CD/DVD-ROM等の入力済みデータを含む)、パソコン、

       携帯電話、デジタル機器(デジタルカメラ等)、カメラ、8mmカメラ、

       撮影済みフィルム、時計、鍵(家、車)などの貴重品
3.楽器、陶器、電化製品、ガラス製品など破損のおそれのある物や生もの、

       食品などの腐りやすい物


通常の扱いにおきましても、お客様のお荷物に小さな切れ目、擦り傷、へこみや汚れなど生じることがございます。
このような破損が生じた場合、また下記のような場合も、弊社は免責となりますことを、予めご了承ください。
1. 過重量、過容量による破損
2. 老朽化などバック固有の不具合に起因した破損
3. ハンドル(引き出し式を含む)、キャスター、鍵、ジッパー、ベルト・名札等突起した付属部分の 破損・紛失
4. こわれやすいもの、変質しやすいものなど


 (注意)

リチウムイオン電池内臓小型電動式乗り物とその付属品 (例:ホバーボード、ミニ・セグウェイ、エアーホィール など)は、機内持ち込み/受託手荷物いずれも不可となります。

 

機内持ち込み手荷物について

機内持ち込み手荷物について

機内持ち込み手荷物について

個数

3辺の和の最長

各辺の最長サイズ

合計重量

お一人様につき

1個まで

115cm

たて56cm、よこ45cm、奥行き25cm

7キログラム

 

注)クアラルンプール発便は、56cm x 36 cm x 23 cm以内の手荷物1個までとなります。

 

機内持ち込み手荷物は、身の回り品(ハンドバッグ・カメラ・眼鏡・杖など)の他に、客室内の収納棚またはお客様の前の座席下に収納できるもので、各辺の最長は56cm、45cm、25cm以内、7kg以下のもの1個まで、お客様ご自身の管理の下でお持ち込みいただけます。(ハンドバックまたはノート型パソコンの大きさは、最大37.5cmx25cmx12.5cm、三辺の和は75cm以内、重さは1.5KG以内です。)

3辺の和には付属品部分(ハンドル、車輪など)を含みます。機種および収納スペースの大きさによっては、上記のサイズ・重量以内のお手荷物の場合でもお持ち込みいただけない場合があります。

 

注)チェックイン時、または、搭乗口にて、機内持ち込み手荷物の大きさを確認させていただく場合がございます。

 

注)2015年12月21日より、リチウムイオン電池内臓小型電動式乗り物とその付属品 (例:ホバーボード、ミニ・セグウェイ、エアーホィール など)は、機内持ち込み/受託手荷物いずれも不可となります。

超過手荷物

超過手荷物

<タイ・東南アジア・オセアニア・ヨーロッパ線など米国線以外をご利用の場合>

無料手荷物許容量を超える超過手荷物をお持ちの場合は、1キログラムにつき、
下記の出発地・目的地によるゾーン毎に定められた料金(米ドル建て**)を徴収させて頂きます。
**各国通貨建てに換算致します。

 

米ドル/キロ

ゾーン 1

ゾーン 2

ゾーン 3

ゾーン 4

ゾーン 5

ゾーン 6

ゾーン 1

7

10

25

30

55

-

ゾーン 2

10

25

30

35

55

-

ゾーン 3

25

30

35

40

55

-

ゾーン 4

30

35

40

55

55

-

ゾーン 5

55

55

55

55

55

-

ゾーン 6

-

-

-

-

-

-

 

例: 大阪発バンコク行き - 25米ドル/キロ。 (ソーン 3 発 ソーン 1 着 の場合)

超過手荷物が 4キロの場合の料金は、25米ドル x 4キロ= 100米ドル。 100米ドル x 約80円(弊社使用の当日のレート) ≒ 8000円を徴収。

 

ゾーン

定義

 ゾーン1

タイランド(タイ国内線含む)

バングラディッシュ、カンボジア、中国(昆明)、ラオス、

マレーシア、ミャンマー、シンガポール、ベトナム、香港-台北間

台北-ソウル間、カラチ-マスカット間

プーケット-シンガポール間、プーケット-クアラルンプール間

ゾーン

2

中国(北京・上海・成都・広州・厦門・重慶・長沙)、香港

インド、インドネシア、マカオ、ネパール、フィリピン、スリランカ、

台湾、香港-ソウル間、プーケット-香港間

プーケット-デリー間、プーケット-ムンバイ間

ゾーン

3

日本、オーストラリア(パース)、韓国、オマーン、パキスタン

UAE、イラン(テヘラン)

プーケット-ソウル間、プーケット-パース間

プーケット-台北間

ゾーン

4

オーストラリア(シドニー・ブリスベン・メルボルン)

ロシア(モスクワ)

ゾーン

5

ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、イタリア

ニュージーランド、ノルウェー、南アフリカ、スペイン

スウェーデン、スイス、イギリス

ストックホルム-プーケット間

コペンハーゲン-プーケット間

ゾーン

6

米国、カナダ

・上記、超過手荷物料金は、2012年7月23日ご搭乗分から適用となります。
・小幼児割引はありません。
ゾーン6 (米国/カナダ発着) および タイ国内線のみの の超過手荷物料金は別表こちら(本社サイト・英文) が適用となります。
・タイ国内線からタイ国際線(またはその逆)へのお乗り継ぎの場合は、 ゾーン1(タイランド) 発着となります。

スポーツ用品または携帯音楽楽器

スポーツ用品または携帯音楽楽器

 

【ゴルフバック】

*タイ国際航空運航便(タイスマイル便含む)をご利用のお客様は、下記の通りです。

ゴルフ靴1足を含むゴルフバック1セットのみ、無料受託手荷物許容量に含めることができます。
(2セット目以上はこちら
重量やバックの個数が許容量からオーバーする場合は、
- 日本から東南アジア、南アジア亜大陸、南西太平洋、中東行き :  1セット/60米ドル
- 日本からヨーロッパ、南アフリカ、モスクワ行き : 1セット/150米ドル

 


※米国線をご利用の場合はこちら(本社サイト・英語)


受託手荷物

合計重量


<注意>
預け手荷物のみで
無料受託手荷物許容量を
超えた場合は、
別途通常超過手荷物料金が適用。
 

 

エコノミークラスの例として
~30kg


エコノミークラスの例として:31kg以上

(全クラス共通:ただし1個につき32kgを超える場合は、
受託手荷物としてお預かりできない場合あり)

thai_golf.JPG
ゴルフバッグ1セット

預け手荷物
無料受託手荷物許容量内

無料


日本から

東南アジア
南アジア亜大陸

南西太平洋
中東 行き

60米ドル


日本から

ヨーロッパ
南アフリカ

モスクワ 行き

150米ドル

 

*他社航空会社とのお乗り継ぎをされるお客様は、通常の超過手荷物料金(こちら)が適用されます。

 

 

【サーフボードおよびウィンドサーフィン】

タイ国際航空運航便をご利用のお客様は、下記の通りです。
サーフボードおよびウィンドサーフィン用具一式は、特例を除き、受託手荷物許容量に含めることはできません。
(注):タイスマイル便(TG2xxx便)は、ウィンドサーフィン用具のお預かりはできません。

<日本から東南アジア*、南アジア亜大陸、南西太平洋**、中東行き>
・長さが2メートル以内 - 1枚/60米ドル
・長さが2メートルを超える場合 - 1枚/120米ドル

 

 特例
*   日本国内で購入したタイ国際航空の航空券(217で始まる航空券)をご利用で
     日本発デンパサール行きの場合は、サーフボード1本のみ無料でお預かりします。 (バンコクで途中降機の場合も対象)

** オーストラリア/ニュージーランド発着は、サーフボート1本のみ受託手荷物許容量に含めることができます。
    (バンコクで途中降機の場合も対象)


<日本からヨーロッパ、南アフリカ、モスクワ行き>
・長さが2メートル以内 - 1枚/150米ドル
・長さが2メートルを超える場合 - 1枚/300米ドル

 

 
長さが2m以内

長さが2m超


日本から

東南アジア、南アジア亜大陸
南西太平洋、中東 行き


1枚/60米ドル 1枚/120米ドル


日本から

ヨーロッパ
南アフリカ、モスクワ 行き


1枚/150米ドル 1枚/300米ドル

                                                                                                                                                *長さは梱包を含む

*他社航空会社とのお乗り継ぎをされるお客様は、通常の超過手荷物料金(こちら)が適用されます。

 

(注):タイスマイル便(TG2xxx便)は、ウィンドサーフィン用具のお預かりはできません。

 

 

【手荷物許容量に含まれるスポーツ用品】


*タイ国際航空運航便(タイスマイル便含む)をご利用のお客様は、
下記に記載のスポーツ用品に限り、受託手荷物許容量を超えた場合、
<日本から東南アジア、南アジア亜大陸、南西太平洋、中東行き>
1セット/60米ドルの超過手荷物料金が適用。

< 日本からヨーロッパ、南アフリカ、モスクワ行き>
1セット/150米ドルの超過手荷物料金が適用。

 

スキューバダイビング

機材一式

空のタンク、レギュレーター、BCジャケット、ゲージ、マスク

フィン、スノーケル、ナイフ、スペアガン、安全ベスト
注)ダイビング等に使用する水中ランプは発熱物として危険物の対象となります。
バルブ、バッテリーを外した状態でのみ、お預かりすることができます。

スキー

(スノーボードを含む)
および 水上スキー

スキー板、ストック、スキーブーツ、スノーボード、スノーボードブーツ

一般的な水上スキー板もしくはスラローム用板

自転車**

モーターのついていない、ペダルの取り外せる、一人乗り用のもの

その他

釣り用具、ボーリング

スポーツ銃***

(ゴルフバックとサーフボード/ウィンドサーフィンは前述のそれぞれの規則参照)

 **1台目のみ、受託手荷物許容量に含めることができます。(2台目以上はこちら

上記のスポーツ用品をお預けになる場合、航空輸送に適した梱包のうえ、重量が手荷物許容範囲以内であっても、ご搭乗の72時間前までにその大きさと重さをお知らせください。貨物室内のスペースのご予約を承ります。

 

***スポーツに使用するための銃と証明する書類と事前の手続きが必要です。詳細は最寄のタイ国際航空各支店にご確認ください。


(注) 上記表にないスポーツ用品の超過手荷物料金はこちら

 

*他社航空会社とのお乗り継ぎをされるお客様は、通常の超過手荷物料金(こちら)が適用されます。

 

【携帯音楽楽器】

携帯音楽楽器は、長さが1メートル以内*の場合に限り、通常の受託手荷物許容量に含めることができます。
総重量がその許容量を超える場合、または/なおかつ、携帯楽器の長さが1メートル*を超える場合は、
下記の超過料金が必要になります(*長さは梱包を含む)。

 


*タイ国際航空運航便(タイスマイル便含む)をご利用のお客様は、

<日本から東南アジア、南アジア亜大陸、南西太平洋、中東行き>
-1楽器につき、60米ドル、 または、120米ドル***

<日本からヨーロッパ、南アフリカ、モスクワ行き>
- 1楽器につき、150米ドル、または、300米ドル***
*** 携帯楽器が1メートル以上で、なおかつ、総重量がその許容量を超える場合

注:携帯楽器以外の通常の受託手荷物総重量が既に許容量を超えている場合は、上記に加え、その超過料金も必要となります。
(その追加料金はこちら



例)成田発バンコク行きの場合


サンプル1





サンプル2


 

*他社航空会社とのお乗り継ぎをされるお客様は、通常の超過手荷物料金(こちら)が適用されます。

日本発液体持込制限について

日本発液体持込制限について


国土交通省の要請に基づき、2007年3月1日(木)より日本発国際線全便を対象に機内持込手荷物が制限されます。通常の規定に加え、以下の点にご注意ください。

■対象便
日本発国際線全便

■実施日
2007年3月1日(木)

■液体物持込制限について
1)液体類の機内持込が以下の通り制限されます。 あらゆる液体物(ジェル及びエアゾールを含む)※は、100ミリリットル以下の容器に入れてください。100ミリリットルを超える容器に100ミリリットル以下の液体物が入っている場合でも機内にお持込みいただくことはできません。なお、例外として以下の物品はお持込が可能です。
・機内で必要な液体の医薬品
・ベビーミルク、ベビーフード、特別な制限食等

2)それらの容器を再封可能な容量1リットル以下の透明プラスチック製袋に余裕をもって入れてください。プラスチック製袋は、お一人様につき1枚のみ持込が可能です。
※飲料品、クリーム、ローション・オイル類、香水、スプレー、シェービングフォーム、防臭剤などのエアゾール類、歯磨き粉などのペースト状のもの、またはこれらに類似するもの

■手荷物検査について

手荷物検査を効率的に実施するため、上記プラスチック製袋やラップトップコンピューターなどの電子機器はバックから取り出し、別々に検査員に提示してください。また、上着類も脱いで別々に検査員に提示してください。

■免税品等の取扱について

保安検査後に免税店などでご購入された酒類等は機内にお持込いただけます。しかし、海外で乗り継ぎの場合は、その国のルールが適用となり没収される可能性があります。
上記の内容は、日本国土交通省からの指示内容を元に作成したものです。予告無しに指示変更が行われる場合がございますので、ご了承ください。
詳細については、こちらの国土交通省ホームページをご覧ください。

 

タイ発液体持込制限について

タイ発液体持込制限について

国際民間航空機関ICAO、およびタイ政府民間航空省の要請に基づき、タイ発のフライトにご搭乗の際には、以下の制限がございます。
(※2007年6月1日よりタイ発の全国内線および国際線で実施しております。)

・ジェル及びエアゾールを含むあらゆる液体物は、100ミリリットル以下に限り、容器にいれて機内に持ち込むことが可能です。

・100ミリリットルを越える容器の中に、100ミリリットル以下の液体物が入っている場合でも、お持ち込みいただけません。

・容器は、フリーザーバックやストックバックのような開け閉め可能な、1リットル以下の透明なプラスチック(ビニール)製の袋に入れてください。

・液体物の入った透明の袋は、手荷物検査所にて適性検査があります。

・この袋は、お一人様一袋の持込が可能です。

・機内で必要な医薬品、ベビーミルク、ベビーフード、制限食は上記制限とは別にお持ち込みが可能です。

・このプラスチック製の袋は、手荷物検査場で他の機内持ち込み手荷物とは別に、検査員にご提示いただきます。

・空港内 及び 機内でご購入の液体類の免税品は、密閉式の透明な袋に、購入を証明するレシート等が見えるように入っている場合に限りお持込が可能です。機内で必要な医薬品、 ベビーミルク、ベビーフード、制限食は上記制限とは別にお持 ち込みが可能です。

 

 liquid.jpg

 

liq_02.jpg

 

<免税品の取扱いについて>
【タイでお乗り継ぎのお客様】
免税店で購入された酒類などの液体物に関しては、以下の条件を満たした上で保安検査を通過していただくと、機内持込可能です。
・密閉式のビニール袋(ICAO様式のSecurity Tamper Evident Bag)に入っており、開封されていないこと
・購入を証明するレシートが袋内に入っていること

 

※上記内容は予告なしに規制の内容が変更となる場合がございます。機内持ち込みの可否は、通常の保安検査と同様に最終的には保安検査係員に委ねられます。お客様のご理解とご協力をお願いいたします。

なお、日本の空港に適用されている規定は、国土交通省航空局のこちらのページをご参照ください。


危険物について

危険物について

航空法では爆発のおそれがあるもの、燃えやすいもの、その他、人に危害を与え、または他の物件を損傷するおそれのあるものを「危険物」とし、航空機による輸送及び航空機内への持ち込みを禁止しています。
そのような危険物の中には、一定の数量制限の下機内持ち込み手荷物かお預け手荷物として運べるものもあります。また、刃物類等ハイジャック・テロに「凶器」として使用されるおそれがあるという観点から機内持込み手荷物として機内へ持ち込みができないものもあります。
下記をご参照いただくとともに、詳しくは、国土交通省のホームページをご参照ください。


花火、加熱蒸散殺虫剤,カセットコンロ用ガス、ライター用詰め替えガス、住宅・車両用塗料、 キャンプ燃料、ヘアーカラーに用いるガスカートリッジ等は、機内持込みおよびチェックイン バゲージどちらにもお受けできません。ご了承ください。

なお、以下の品目等(少量に限り)については、機内に持込み又はチェックインバゲージの取り 扱いができます。

ドライアイス(生鮮食料品等に使用時に限る)…一人2.5kgまで。
喫煙用ライター…一人一個、持込み手荷物のみ。(但し米国線は持ち込み不可)
受託手荷物の中に入れることは、固く禁止されております。
安全マッチ…少量、持込み手荷物のみ。

その他、くわしくは各空港支店までお問い合わせください。 

 

【ライター等の危険物取扱いについて】 

 タイ国際航空では、安全運航確保の理由から、チェックインカウンターにてお預かりした手荷物(受託手荷物)に、ライター等の危険物が入っていた場合は、お客様の立会いのもと搭乗ゲートにて、再度手荷物の内容物を確認させていただき、その場にて当該危険物を放棄していただいております。

ご出発前のお時間に手荷物開披の手間をお掛けしますと同時に、航空機の定時運航に支障を生じる結果となります。チェックインカウンターでお荷物をお預けになる際には、くれぐれもライター等の危険物をお入れ頂かない様、宜しくお願い申し上げます。

なお、航空機への危険物の機内持込、お預かりについてはこちら(国土交通省ホームページ)をご参照下さい。
関連情報:成田空港ホームページ

<その他のケース>
予備のリチウムイオン電池(バッテリー)については、こちらの本社サイト(英語)をご参照ください。

注)2015年12月21日より、リチウムイオン電池内蔵小型電動式乗り物とその付属品 (例:ホバーボード、ミニ・セグウェイ、エアーホィール など)は、機内持ち込み/受託手荷物いずれも不可となります。

 

 

 

This website is best viewed with Chrome, Firefox, Safari and Internet Explorer v.9 or higher.
Copyright © 2017 Thai Airways International Public Company Limited (THAI). All rights reserved.