新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について

 

 

【新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について】

タイ国際航空では、新型コロナウイルス(COVID-19))感染拡大に伴い以下のような対応を致しております。

1. 運航計画について(2021年3月29日更新)
タイ国際航空(TG)は、新型コロナウイルスの感染拡大、またタイ政府および各国政府による入国規制の影響を受け、日本=バンコク間を運休致しておりましたが、2021年1月より一部運航を再開致しました。
2021年9月30日までの運航計画はこちらよりご確認ください。

なお、運休となりました日本路線の欠航証明書はこちらに順次掲載致します。
※上記に掲載されていない欠航証明書に関しては、こちらの本社サイト(英語)よりお申込み下さい。

2. 国際航空券の特別対応について(2021年5月26日更新)
タイ国際航空では、条件を満たす航空券について、予約変更・経路変更、有効期限の延長、トラベルバウチャーへの交換などの特別対応をいたします。
詳細は下記よりご覧ください。以下に該当しないケースは最寄のタイ国際航空までご連絡ください。

対象航空券

 2021年6月30日以前に発券された航空券

搭乗日

 2021年9月30日以前のご予約対象

搭乗日の変更
経路変更

 手数料無料で2022年12月31日までに終了する旅程へ変更可能です。
 *新料金で再計算要
 最寄りのタイ国際航空までご連絡ください。

有効期限の延長
 トラベルバウチャーへの交換 

 こちらのページよりお申し込みいただけます。

3. 各国の入国条件について
検疫体制の強化に伴い、各国の入国条件などが日々更新されています。ご利用のお客さまは、渡航先各国の大使館・領事館および保健機関関連情報など最新の情報をご確認ください。

■タイ入国に関して (2021年10月1日更新)
※以下はタイ国籍を有しない方の入国条件から抜粋したものです。タイ国籍を有する方のタイ入国条件に関しては在東京タイ王国大使館タイ王国大阪総領事館のサイトを必ずご確認ください。

ご搭乗に際し、渡航に際して政府および関係機関が定める規定を満たす必要がございます。
- 入国許可証(COE)について
航空券を購入されても、タイ大使館より発行される入国許可証(COE)を取得できない場合、ご搭乗いただけません。

- 検疫隔離について
-2021年10月1日より、渡航日の14日前までに、世界保健機関(WHO)もしくはタイ王国保健省が承認した新型コロナウィルスワクチン接種を規定の回数終えている方に対して検疫隔離期間が 7 日間に緩和されます。また、ワクチン接種証明書(Certificate of Vaccination)の提示が必要になります。
-新型コロナウィルスワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない方に対しては検疫隔離期間が 10 日間となります。詳しくは在東京タイ王国大使館のサイトをご確認ください。

- Fit to Fly Health Certification について
2021年4月1日より、Fit to Fly Health Certificationの提示が不要(国際線へのバンコク乗り継ぎ/乗り換えの旅客を除く※)になりました。但し、渡航前72時間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書は引き続き必要です。
バンコク・スワンナプーム国際空港より国際線へお乗り継ぎ/お乗り換えの旅客に関しましては別途規定がございます。こちらのページをご確認ください。
その他の規定、必要書類等に関しては、在東京タイ王国大使館タイ王国大阪総領事館のサイトを必ずご確認ください。

プーケット・サンドボックス制度についてはこちらサムイ・プラス制度についてはこちらをご確認ください。

■日本入国に関して (2021年9月30日更新)
日本政府は、新型コロナウイルスの感染再拡大、および変異ウイルスの感染拡大を防ぐため、日本に入国される方に対する入国制限と検疫体制の強化をしております。
すべての国・地域からの外国人の新規入国の一時停止、短期出張からの帰国・再入国時における特例措置の一時停止措置、ビジネストラック/レジテンストラックの運用一時停止は当面の間継続され、更なる防疫強化が実施されます。
2021年3月19日以降、当面の間、全ての入国者(日本人を含む)は、出国前72時間以内の新型コロナウイルス陰性の検査証明書の提出が義務化されます。出発国において搭乗前に検査証明書を提出できない場合には、ご搭乗いただけません。
また、日本に入国するすべての方に対し、到着空港における新型コロナウイルス検査、および14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等について誓約書の提出が引き続き必要となります。
なお、変異株流行国、および変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの入国者に対しましては、検疫所長の指定する場所での待機など、別途規定がございますので、事前にご確認ください。

検査証明、誓約書の提出など、その他必要事項に関しましては、下記の厚生労働省のページよりご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

外務省発表の「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について」は、随時更新されますので、渡航前に下記をご確認ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

なお、2021年10月1日(日本時間 午前0時)以降に日本に入国・帰国され、日本政府が定める要件を満たしたワクチン接種証明書を保持しているお客様は、検疫所が指定する宿泊施設での待機や、入国後14日間の待機期間の一部が短縮される場合があります。
入国後14日間の待機期間を一部短縮するためには、入国後10日目以降に自主的に受けた検査(PCR検査または抗原定量検査)の陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出ることが必要です。
詳しくは、厚生労働省ページをご確認ください。

4. 日本国内発券カウンター、コールセンターの対応について
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、サービス内容を変更させていただいております。
ご不便をおかけいたしますがご了承ください。
■市内発券カウンター(日本国内)について
東京・名古屋・大阪支店発券カウンターを 2020年4月6日より当面の間、臨時休業させていただきます。※2020年5月末日をもちまして、福岡支店は発券カウンターも含め閉鎖となりました。
詳しくはこちらをご覧ください。(2020年6月11日更新)
■日本地区コールセンターについて
当面の間、午前10時~午後3時までの営業とさせていただきます。(2020年6月11日更新)

5. ラウンジサービスについて
現在、国内外の多くの空港にてラウンジを閉鎖・営業時間の変更等が行われており、ラウンジサービスをご利用頂けない場合がございます。
日本出発便に関しては、関西国際空港/中部国際空港では、ラウンジが閉鎖されております。
ラウンジ内ではお客様の安心・安全な環境をまもるための予防措置を設けており、ご協力をお願い致します。

6. 機内サービスについて (2021年8月2日更新)
■お客様へのお願い
ご搭乗いただくにあたり、お食事時、緊急時以外は、マスクの着用をお願い致します。
ご搭乗時に手指の消毒もお願い致しております。ご搭乗中は、指定されたお座席からの移動もお控えいただいております。※
※機体右側(H-J-K)後方3列は隔離スペースとなり、ご利用いただけない座席となります。
また、ご搭乗から降機いただくまで、他のお客様との距離をお取りくださいますようお願い申し上げます。
■機内衛生管理について
タイ国際航空では、機内の衛生管理に細心の注意を払っております。高精度の空調システム、HEPAフィルターにより常時空気を浄化し、お客様が接触する可能性の高い36のポイントを徹底的に清掃しております。
その他、機内の衛生管理に関しては、こちらのページをご参照ください。
■一部サービスの中止について
現在、全クラスにて以下の機内サービスは中止させていただいております。
-    ビール、リキュール等のアルコール類のご提供※
※2021年7月よりビジネスクラスではウエルカムシャンパンおよびワイン、エコノミークラスではワインのご提供を開始致します。
- 機内エンターテイメント/ヘッドホンイヤホンのご提供
※機内エンターテインメント/ヘッドホン・イヤホンのご提供は、基本的に2021年8月よりご提供を開始しておりますが、機材変更などにより、搭載がない場合がございます。何卒ご了承ください。
- 機内wifi サービス
- 雑誌、新聞などのサービス
- 機内販売
- 温かいおしぼりのご提供※
※使い捨ての紙おしぼりに代えさせていただいております。
■その他のご案内
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より、下記を実施致しております。
- 機内食は衛生上の理由により、密封された状態(THAI SKY PACK)でご提供致します。
- ビジネスクラス、エコノミークラスともに機内食(メイン)は、2種類よりのご選択(ウエスタン/タイ料理)となります。※
※宗教上または健康上の理由で特別なお食事をご希望のお客様には、各種の特別機内食をご用意致しております。ご出発の48時間前までに、弊社日本地区コールセンターにてお申し込みくださいますようお願い致します。
- お飲み物は、使い捨ての容器でのご提供となります。
- お食事の後、客室乗務員が体温測定をさせていただきます。
- 毛布および枕は、ご用意しております。
■客室乗務員について
客室乗務員は医療用マスク(N95)、防護衣、ゴーグル、ゴム手袋、ヘッドカバーを乗務中着用させていただいております。
また、常に機内を清潔な状態に保つことに気を配っております。

7. 除菌剤・漂白剤の飛行機への持ち込み・お預けについて
■機内持ち込み・お預かりできるもの
下記の品は規定の条件を満たしていれば、機内お持ち込み、お預かりが可能です。
-ラベルに「医薬品」「医薬部外品」「化粧品類」と表示のある除菌スプレー/アルコール消毒剤/洗剤(液体、ジェル)
-ラベルに「酸素系」と表示のある漂白剤(液体、粉末)
*機内お持込みの場合: 1容器100ml以下、他の液体物と合計して1ℓまで
*お預けの場合:1容器500ml以下、合計して2ℓまで
*容器を移し替えたり、内容物が判別できない場合は機内持込み、お預けともにできません。

■機内持込み・お預かりできないもの
- エタノール/無水エタノールなど:国土交通省が定める危険品リスト※に該当します。
-クレベリンなど: 成分が危険物(二酸化塩素、亜塩素酸ナトリウムなど)に該当します。
-ラベルに「塩素系」「まぜるな危険」と表示のある漂白剤(液体、粉末)
※詳しくは国土交通省ホームページをご覧ください。