タイへご旅行のお客様へ~必要書類のご案内~

2020年3月26日更新

 

 

タイ民間航空局からの通達により、タイへ渡航の全ての方※は2020年3月22日(タイ時間午前0時~)より、下記書類が必要となりました。

※タイ国籍、タイ王国の国籍を有していないが労働許可証を所持している方、タイ王国政府当局よりタイ国内で就労することを許可された方は、こちら(タイ国政府観光庁)をご参照ください。
※タイ(バンコク)お乗り継ぎの方は、こちら(タイ民間航空局:CAATの通達)をご参照ください。

 

【必要書類】
― 医師が発行する新型コロナウイルス(COVID-19)陰性の証明書(英語またはタイ語)、および臨床検査の結果証明※
※ご出発72時間以内に発行されたものであること。日本の場合はPCR検査結果の証明書。
※新型コロナウイルスの症状が14日間なかったことを証明するものであること。
※タイ国籍の方も上記に類する書類等が必要となります。詳しくはタイ大使館にお問い合わせください。
― タイ国内にて、100,000USドル以上の補償が受けられることを証明する健康保険の書類※
※健康保険に関してはタイ国籍の方は対象外となります。

こちらは、タイ民間航空局(CAAT)の通達に基づきます。 タイ政府観光庁のご案内も合わせてご参照ください。

COVID-19に感染の恐れが無いことを証明する健康診断書はこちらからダウンロードできます(医師の記入が必要)。
上記書類(含む臨床検査の結果証明)のご提示がない場合は、搭乗券を発行できませんので、何卒ご了承ください。

なお、タイ保健省により指定されている危険感染地域(香港・マカオを含む中国、韓国、イラン、イタリア※2020年3月23日時点)からの渡航者は、上記の条件を満たしタイへ入国した場合でも、入国時に登録したホテル/自宅おいて最低14日間の自己検疫※を実施しなければなりません。
※症状を報告システムに記録し、タイ保健省が渡航者の症状をモニター

詳細は、タイ保健省のホームページをご覧ください。

現在、タイへ入国の方は到着地空港の検疫疾病管理官に別途書類(T8 FORM)を提出する必要がございます。
T8 FORMはこちらからダウンロードできます。